「だいどこログ」でハロウィンごはん

「だいどこログ」でハロウィンごはん

生協パルシステムに加入したので、「だいどこログ」を読んでいました。
ちょうどハロウィンにかわいいレシピがあったので、乗っかってみました。

ハロウィンごはんも「だいどこログ」で

ハロウィン。いつからこんな国民的?行事になったのでしょうか。
私が子供のころはもちろん、ハロウィンなんて行事はありませんでした。

子供には楽しいイベントらしい

プリンセスやドレスに興味のないぴのこですが、ハロウィンのウィッチやコウモリの羽をつけた仮装は気に入っているようです。

ハロウィン、楽しいのかね?と聞いたところ
「1年で1番楽しいよ〜」
とのこと。そうなんだ…(´∀`



ささやかなハロウィンごはん

保育園や学童でハロウィンパレードはありますが、家では特に何もしていませんでした。

今年はちょうど10月の末に生協パルシステムに入会したので、たまたま読んでいた「だいどこログ」がハロウィンだらけでした。

簡単そうなメニューばかりなので、休日に作ってみました。
※レシピは「だいどこログ」をご覧ください。

1日目はミイラの日

スライスチーズをカットして乗せるだけのミイラバーグ。
ケチャップで口から血をはみ出させました。

ミイラバーグ

そういえばハンバーグって、茶色くてボコボコしてるので、ミイラの顔にぴったりですね(´Д`
考えた人すごい。

目は枝豆にしましたが、レシピの通り、いんげんにすると白眼の感じがもっと出ると思います。

レシピではウインナーのマーミー(=ミイラ)でしたが、ちょうどおつまみ用のししゃもがあったので、餃子の皮を包帯に。
ハロウィンごはん
ししゃもさんの目がミイラ感を醸し出しております…

魔女のほうきはカルパスに巻きつけた餃子の皮。ちょっと焦げてしまいました。

ぴのこは「え?ミイラ?どうした?」と爆笑しながらもぐもぐ完食。

私は赤ワイン、ぴのこはぶどうジュースで乾杯。「血ジュース」になぜかテンション上がる小学生…



2日目はおばけの日

おばけの森。

これはレシピを見てかなりうけました。
簡単なのになかなかインパクトがあります。
ハロウィンごはん おばけの森

たまたま、その日スーパーに魚肉ソーセージがなかったので、おつまみのチキンスティックを使いました。

ラタトゥイユっぽいチキンの煮込みをよく作るのですが、この日はまた具のお肉の一部にチーズをかけてゴーストに。
また顔が血っぽいです

ハロウィンごはん おばけチキン

考えてみたら今年のハロウィンは木曜日だったので、土日のハロウィンごはんはだいぶ、フライングでした。

ハロウィンごはん チキン

おまけ:ハロウィン弁当

たまたま月末にぴのこの社会科見学があったので、お弁当もハロウィンになりました。
ハロウィン弁当

チキンライスに薄焼きたまごをのせて、オムライス弁当に。

ナイフでジャックオーランタンの顔に切り抜くだけなので、簡単です。🎃
そしてまた野菜の間に、あいつがいる・・・。

ハロウィン弁当

ぴのこに「お弁当どうだった?お友達に見せた?」と聞いても
「あ〜。見せても反応うすいんだよ〜。」
という、謎の回答。薄いんだ・・・。^^;
保育園の頃ならお弁当の感想をいろいろ話してくれたのですが、小学生、ドライです。



まとめ

かんたんレシピで作りやすいです

何か特別に作ろうと思うと面倒ですが、いつも食べているものの飾りを少し変えるだけなら楽ちんです。
それなりにイベント料理に変身して、子供も満足でした^ ^

レシピ通りでなくてもいい

材料も作り方もまったく同じにしようと思うとそれがまた負担です。
レシピのアイディアだけを借りて、雰囲気を真似るだけでもじゅうぶんイベントごはんになりました。

クックパッドが素人投稿が増えすぎてゴミレシピだらけになってしまった今、参照できなくて困っていたので、
だいどこログ、写真もきれいだし、便利です。
また参考にしたいと思います。
次はクリスマスかな…。



暮らしカテゴリの最新記事