「女手一つで」子育ては、そんなに大変じゃないですよという話

「女手一つで」子育ては、そんなに大変じゃないですよという話

「女手(おんなで)一つで」という言葉。

なんか「大変ですね」という意味の言葉だと思うのですが、

Neco
Neco
いやそこまで大変じゃないです・・・

と思うのだよなーということをつづってみたいと思います。

「女手一つで」子育ては、そんなに大変じゃないですよという話

「女手一つで」ってどんな意味でしょうか

そういえば、どんな時に使う言葉なんだっけ。と考えてみました。

「おふくろは女手一つで俺を育ててくれた」

なんか昭和な感じがしますね。
母子家庭で育った息子さんが、お母さんに感謝して使ってくれているって感じがします。

「私は女手一つで息子を育てた」

自分で言うかな?そんなこと。って感じですが、これは「苦労した」って意味でしょうか。

辞書によると

出典:goo辞書/デジタル大辞泉1

女の労力。また、女の働き手。
「女手一つで育てた息子」「女手が足りない」⇔男手。

だそうです。

単純に「労力」ってことだと、「本来ならもっとあるべき手が足りない」ってことで、
「働き手が足りない」みたいな意味になるのかなと解釈できます。

女の人が、外ではたらく(働いて賃金を得る)機会が少なかった時代の言い方かなあと感じます。

感謝とか、ねぎらいとか?

「女手一つ」が、「手が足りない」、つまり「なんか大変」って意味がわかりました。
たいへんですね、という「ねぎらい」だったんですね。
悪い意味ではないんだろうなーとは思いながらも、どうもしっくりきません。なぜだろう。

そんなに苦労してないです

なんでしっくりこないのかを考えてみました。

Neco
Neco
もしかして死語なんじゃないのかな?

死んでないけど瀕死語?みたいな。

別に手は一つ(一組)でもない

うちは私とぴのこの二人暮らしです。
祖父母はいません。プチ毒親の母が遠くに存命はしていますが、子育てを助けてもらったことはありません。

それでも、べつに「私ひとりでぴのこを育てている」という感じがしません。

ぴのこは0歳から保育園が育ててくれました。
1年生からは、ファミリーサポートさんをしてくださったご家庭が、ぴのこをよく泊めてくれるので
ぴのこはちょいちょい、よその家でご飯を食べ、よその家で遊んで、風呂に入って、寝てます。

その間、私は家でずっとネット見たり、寝たりしています。

たしかに、ファミサポさんに出会うまでの7年間は、保育園以外にぴのこを預けたことはなく
家でべったり2人で過ごしてましたが、
うちじゃなくても、お母さんだけでワンオペ育児している家庭はいっぱいあると思うので
私ばっかりひとりぼっちで子育て・・・!という気分はまったくありませんでした。

なので、それ言うたら
「パパがいても女手一つで育てとるやないか」
みたいな・・・。

それぞれのご家庭での役割分担なのでしょうが、
「日中はシングルマザー」なお母さんがどっさりいるので、
私がひとり親だということはバレません。自分から言わない限り絶対にわからないと思う。

べつに隠してないから、バレるっていうのも変ですが。

世帯所得は低めかもしれない

よその家の年収なんて知らないので、私の所得がどのへんなのかはわかりませんが
「サラリーマンの平均年収」のどまんなかぐらいです。東京では低所得なほうかも。
でも家族も2人だけなので、かかるコストも低めです。

家賃払ってごはん食べて、ぴのこは習い事もちょっとして、
猫を養うぐらいの暮らしはできているので、
女手一つだろうが、まあ暮らせてますよって感じです。

あ、ひとつありました。住んでる賃貸が古くてボロい。それぐらい。
この住まいはわりと気に入っているので、とくに困ってません。


意外と休んでいるひとりっこシングルマザー

多子世帯だと忙しいのかもしれませんが
家族2人だけのミニマル家族だと、家事の量もミニマルです。

洗う食器は2人ぶん。食洗機につっこむので皿はほぼ、洗わない。

食洗機は買ってよかったもののナンバーワンです。


洗濯ものも、小さい親子2人ぶん。
今年は新型コロナでずっと家にいて、私はジャージしか着てないし、
ぴのこの服は小さいのですぐ乾きます。
アイロンがけする服は1着も持ってません。

食いしん坊ではない親子なので、毎日同じ味噌汁(違うのを作るとぴのこが嫌がる)、
かんたんなおかずを1品2品に果物を食べる、という食事をしています。

それも、もう材料カットしてある生協さんの調理セットとか、ファミマのお母さん食堂とか、
お惣菜とか使う日も多いので、料理といえば、「炒めるだけ」とか。



友人や姉妹は
「ねーこちゃんは一番がんばっているよ。仕事して、家事して、
PTAもやって、土日も仕事して。
子供を預けるところもなくてずっと一緒なんて、疲れるよね。」
と心配してくれるのですが

あ、すまん・・・。

Neco
Neco
家事、そんなにしてないです・・・

ぴのこが学校行ってるあいだは、仕事はしてますが
在宅なので、音楽やYouTube聴いたり。(さすがに動画はあんまり見てませんが)
好きな時間にコーヒーいれて、昼食べて、お菓子食べて、昼寝もしている。
なんなら布団しいてがっつり。

ぴのこはファミサポ家によく泊まるので、

Neco
Neco
けっこう預かってもらってるし。

ぴのこが小さい時は、ベビーカーに乗せて、美術館でもデパートでも好きなように行ってました。

どこに行くとか誰に会うとか報告する家族がいないので、いつどこに出かけるのも自由。帰るのも自由。
何時に出かけて何時に帰るかも誰にも報告しなくてOKです。

心配してくれてる姉や妹よりもたぶん、自由です・・・。

むしろぴのこが泊まりに行っちゃうと寂しいので、「2泊以上はだめ」というぐらい。

まとめ

女手一つって大変じゃないですよ

大変なご家庭もあると思います、それはごめんなさい。

わたしは、怠惰に暮らしてます。

自分で選択したからかもしれない。

「自分で選んだことをする」と「人生の満足度が上がる」のだそうです。


そういえば、女手が一つだろうが、それを「私が自分で選んだことだから」と思いながら、
毎日自分で決めた生活ができる、というのは楽しいことなのかもしれません。

私から見ると、家族が多くて人手が足りていても、
「こんなはずじゃなかった」と思いながら暮らす人はつらそうに見えます。

手が一つだろうが、いくつあろうが、関係ないんだなーというお話でした。
読んでいただきありがとうございました。

選択的シングルマザーカテゴリの最新記事