進研ゼミのDM(ダイレクトメール)を停止してもらう方法!

進研ゼミのDM(ダイレクトメール)を停止してもらう方法!

郵便のダイレクトメールでものを買うのって、お年寄りだけじゃないのかな?
と思う今日このごろです。
紙がもったいないので、停止をお願いすることにしました。

進研ゼミのDM(ダイレクトメール)を停止してもらう方法!

郵便という通信手段を利用することがほとんどなくなった現代。

必要な郵便物は、区の広報誌と、子ども手当ての振り込み連絡などの、行政からの書類ぐらい。

そのほかにポストにやってくる、ポスティングされるチラシと、ダイレクトメールは、即廃棄です。

ポストのあるエントランスには、DM(ダイレクトメール)廃棄用のゴミ箱が備えつけてあるので、チラシを読むことはまず、ありません
大切な書類を捨ててはいけないので、一応すべてにチラッとは目を通しますが、分別したら即、ゴミ箱行き

住所と宛名が書いてあるためダイレクトメールは自室に持ち帰りますが、会員登録しているオンラインショップのDM(ダイレクトメール)はまあしょうがないとして。

Neco
Neco
ベネッセに会員登録、したんだっけ?

ゆりかごから就職まで、ぬかりなく追跡。ベネッセさん

出産後に、病院でママ向けパンフレットや雑誌をどっさりもらうので、
こどもチャレンジ(の、幼児版)系のチラシか何かに、資料請求をしたのかもしれません。
さすが、ベネッセさん、ぬかりない。

個人情報と引き換えにお名前シールをもらっている

遊園地や動物園、子供向けのイベント会場などで、その場でアンケートに答えてお名前シールをプレゼント!!っていうサービスに、登録したことがありました。
あれがベネッセさんですね。

Neco
Neco
あのシール、便利だった!

入園や入学時に、持ち物にどっさり名前を書かなきゃいけないもんで、名前シールは助かりました。
無料でプレゼント!
こういうやつですね。
お名前シール無料
お世話になりましたよ。特に、えんぴつに貼れる、ほそーいシール。

あのシールだけ、有料でいいから販売すればいいのに。
と思うんですが、お金ではなく、自分の個人情報を払っていたんですね。ちょっと考えたらわかることでした。

そんなシールのご恩もありましたが、子供の学習教材を決める時期もとっくに過ぎ、
DM(ダイレクトメール)の処分に困るようになりました。

Neco
Neco
DM(ダイレクトメール)を毎回捨てるのが心苦しいです・・・!

さすがのベネッセさんのDM(ダイレクトメール)、いい紙使っているし、カラーだし、シールが入っていたり、グッズが紹介されていたり、

Neco
Neco
お金かかってるんだろうなあ。

と思うクオリティー。
でも、要らないものは要らない。開封すらしないので、さすがにもったいなさに、心がいたみます。

電話して断ればいいんですがその通話代ももったいないので、捨て続けて気がつけば数年。

停止を申し込みましょう。

電話がめんどくさいので、ぐぐって探しました。DM(ダイレクトメール)のお断りはこちらです。

「ベネッセお客様本部
ダイレクトメールなど弊社からのご案内停止のお手続き

申し込みはウェブで簡単、でもなかった。

手元にDM(ダイレクトメール)を1通ご用意ください。
10桁の番号が必要です。

ということで、次のDM(ダイレクトメール)が来るのを待って、無事キャンセル手続き完了。

以下は、私がDMを受け取るたびに、もやーーん・・・と考えたことをつらつらつづります。

進研ゼミのDMって、なんか古くないですか。

シールが見えていれば開封してもらえるだろうという安易な発想

進研ゼミのDM(ダイレクトメール)パターンあるある。シールです。

子供がみんなシール好きだと思っているのがまず思考停止かなあと・・・。

うちのぴのこはシールに興味のない子供だったので(今も子供だけど)、外の世界からやたら入ってくるシールに困っていました。いらないから捨てるんだけど、捨てるというのがもったいなくて心がいたむ。

お祭りなどのイベント、歯医者さん、病院、薬局、
とにかくいろんなところでシールをもらうんですね子供って。

サンリオとかポケモンとかならまあいいんですが(ぴのこはサンリオにも興味なし)、なんかよくわからないオリジナルキャラクターのシールとか、もらっても微妙でした。

さすがに年長さんぐらいからは断っていましたが
子供がみんなシール好きだと思うなよ。

ベネッセさんのシール

といいつつ、この「鬼滅の刃」シールのDM(ダイレクトメール)は、たしかに開封はしました。(したのか。)
ベネッセさんの思うツボ。なかみはまったく読んでいませんが。

少なくとも環境に優しくないなあと思いながら、中の紙を古紙として分別し、ビニールの封筒をゴミ箱に捨てています。(うちの区はプラスチックは可燃ゴミ。)

申し込みのプレゼント、欲しいか??

ベネッセさんといえば、知育おもちゃや、キラキラ光るペン、ヘッドフォンなど。
申し込むともらえるプレゼントが、私たちが子供の頃(昭和)には、すてきに見えました。
子供むけのそんなグッズが、お店になかった。と思う。

しかし。時代は今、令和。
おもちゃもペンもヘッドフォンも、普通に単品で、かっこいいのが買えます。
情弱ビジネスでしょうか。





といいつつ、ロボットのミラボくんはちょっとかわいかったので、フリマアプリで買いました。(買ったのか。)
進研ゼミ買っていないので、音遊びと目覚まし時計としてしか使えませんでしたが。
進研ゼミ DM(ダイレクトメール)の停止方法
話してくれるAIは、プログラミングロボットのDASHくんや、スマートスピーカーがあるのでじゅうぶんです。

DM(ダイレクトメール)ってどれくらいの効果があるのでしょうか。

ベネッセさんは有名大学卒の方しか入社出来ないことで有名です。
そんな賢い(高学歴の)方たちで作られているベネッセさんなので、効果もきっとばっちり測定されたうえでこうしてポストに投函されているはず。
私のような庶民が心配する必要はないんでしょうが、
とにかく紙、無駄にしてないか?ってことだけがどうしても気になってしまいます。

必要なら自分で取りに行きます

必要なものだけが欲しい、という今の時代にすでに合わなくなっているような。

と思ったら、実際に買っているお友達がいました

このDM(ダイレクトメール)見て買う人いないだろ・・・。って思っていた矢先に、
ぴのこのお友達が、タブレットとヘッドフォンのセットを「欲しい」といって、なんとチャレンジタッチを始めていました。

Neco
Neco
いた!うそみたい・・・!

なるほど本当に買う人がいるんですね。と逆に関心しました。

情弱ビジネス?と思ったけど、情弱の人は経済的にも弱いので実際の購入にはつながらないもの。

ぴのこのお友達の家庭は年収3千万ぐらいのご家庭なので、勉強に関するものを子供が欲しい!といえばすぐ買えちゃうおうちです。
すでに家庭教師もついているし、進研ゼミの教材は、ゲーム感覚で購入したもよう。

さすが、ベネッセさん。こういうことか。

はじめっから、うちみたいな家はターゲットじゃなかったってことですね。
いらん心配して失礼しました!

DM(ダイレクトメール)は、数打ちゃ当たる戦法!意外と開封されているらしいです。

(2021.01.16.追記)

ちょうどこの話題を書いたあと、リベラルアーツ大学の両学長がアップしてくださった動画の中で
「DMの開封率」について触れられていたので、資料を読んでみました。

リベ大、毎日観てます。本当に役に立ちます。

一般社団法人日本ダイレクトメール協会「DM(ダイレクトメール)メディア実態調査 2019」報告という資料によると、なんと!
若い世代のほうがDMの開封率が高い
「7割が開封されている」んだそうです。本当かな??

商材にもよるのでしょうが、子供の学習教材だと、私がはじめに思ったよりも高い開封率で、申し込みも意外と多いのかもしれません。なにしろ身近な友達にもいたぐらいですから。

紙の無駄は「必要無駄」ってことですかね。いや無駄は無駄だと思いますけど・・・

受験産業は斜陽ビジネスとはいえ、需要はまだあるもよう

少子化で受験人口が減っているので、予備校や受験業界は先細りとはいわれていますが
まだまだ受験に力をいれるご家庭は多いと感じます。なんででしょうね。

不安ビジネスだからか。

受験するお子さんって、どのへんの会社や職業を目指しているのでしょうか。

高学歴でベネッセに入社している、という人たちも思考停止な気がするのですが、
その人たちが作る教材を思考停止で親が買い、学んだお子さんたちがまた思考停止でベネッセさんに入社する。
特に誰も不幸になっていないので、それでいいのかもしれません。


あっ、私は入社できないんですけどね。
実際にベネッセさんで働いている難関大卒の友人もいます。友人は優秀です。ごめん、悪口じゃないです。

私とぴのこは脳の処理能力が弱いのか色やイラストの多い本が苦手なので、進研ゼミには手が伸びなかったのですが、サンプルを見た感じでは、教材は良く考えられていてわかりやすそうです。

ぴのこがもし学校の勉強が好き、得意なタイプだったら、わが家も、受験勉強に向き合うようなまったく今とは別の暮らしをしていたのかもしれません。
でもどうかな。進研ゼミは、おそらく買わない。教材以外のグッズがむしろ要らないし。塾行くよりは安いけど・・・

ここに書いた事は、私がぴのこを学校まで送ったあと、ポストをあけ、DM(ダイレクトメール)を見つけてゴミ箱にすてるまでのとても短い時間に、ふと毎回おなじことを考える、という話をただ綴っただけです。

せっかく賢い頭にうまれた人たちが、思考停止で競争して、わたしのようなこぼれた層の家庭からまた今日もゴミが出て、またいくらかのコストと紙が無駄になり、でもそれをおそらくお金のある家庭が補っている。というだけのお話でした。

それでいいじゃん。っていうだけの話だけど、いくらであろうがゴミ箱に捨てる紙に使うお金はもったいない。
毎朝、何かしらの紙をポストからゴミ箱に入れては、もったいないなー。と考えるのでした。

ぼやいているだけでは申し訳ないので、少しでも環境に配慮して、せめて自分ちのDMだけでも停止してもらおう。と思ったというだけのお話です。
自分にできるのは小さなことだけど、やらないよりやる。
読んでいただき、ありがとうございました。


思考停止にならないために、まず自分で考えよう。ちきりんさんの本好きです。

片づけ記録カテゴリの最新記事